私はこの“Your Own Future”を読んで、一番はじめのアロマゴミ捨て場の話が最も心に残りました。

 私はこれまで小・中・高校で調べ学習やスピーチ、MCなど様々な場で発展途上国やフェアトレード、ストリートチルドレンなどという問題を調べました。私たち先進国の人間はもっと、今ある現状に感謝しなくてはなりません。勉強することができる環境に対してもです。私たちは普だん、感謝するどころか、「勉強キラーイ」だの、「課題くそー」だの、「まじ遊びたいー」といった非常に低レベルな会話をしています。確かにこの学校は課題やテストがとても多く、誰もがゆううつになります。その中でもし、考え方を変えられたならどんなに良いでしょう。なりたいもの、目指したいものをいつでも選べること。学べること。何に対してもまず選択肢があることは素敵なことです。私たちは不幸な環境の彼らとは違い、限りなく広い未来があります。

この前大学のオープンキャンパスへ行き、私は自分の夢にこの学部は合っていないのではないか。そもそもそんなに大きな夢、なれるわけないのだから持つだけあほらしい。などとても悩んでいました。でもこの発展途上国の子供たちを思い出し、今ある幸せを改めて感じました。

 私は将来、どんな形であれ発展途上国を支援するような職に就きたいです。エネルギーや環境問題に取り組んだり、ただのボランティアになるのかは全く分かりませんが、いつか私も、彼らの役に立ちたいです。

 この思いを大人になってもずっと忘れないでいようと思います。


 自分が最も印象に残った章は,第一章の,「アロマのゴミの稼ぎで暮らす子どもたち」である。それが最も印象に残った理由は二つある。まず一つめに,私は今朝,テレビで,ミニマリストという言葉をきいていたからだ。物であふれている現在,若者たちは,物が無いことに豊かさを覚え,何も持たず暮らす人が増えていて,その人達をミニマリストと呼ぶそうである。この章を読み,やはり心の豊かさにつながっているものは,物の多さなどではなく,生き方や心のもち方にあるのだと考えなおした。我々は必要でないものまでを大量生産の社会の中で手にしていて,それらに囲まれているうちに物をもつことに麻痺し,そして,何度自らの物欲にこたえても,満足することはない,そんな状況の中にいる。しかし,アロマの人々のように,何もない状況から必死に何かをみつけだし,その日を生きようとする姿勢には,現代の先進国の人々から失われてしまった真の生きがいがあるようなきがするのである。二つ目として,アロマの子供たちは学問をすることを楽しく思い,興味をもっているということが印象に残ったからだ。第八章にも似た部分がある。本来学問は興味深く,楽しいものであり,古の人々が自ら学問という分野をきりひらいたのである。しかし我々は,親の代からの豊かさの中で育つうちに,豊かさが当たり前となり,今の状態を容易に保つことができるような気がして,学問する意義を見つけられずにいる。高度経済成長期を支えた人々の子供時代とは大違いであり,学問により豊かさを得ようとしてきた先人の思いは伝わってこない,そう感じる。この様な状況の世界の中で私達は,学びたくても学べないような世界中の人々に目を向けて,生きる楽しさを分かちあうたびに行動を起こすことができるように,あらゆることを勉強し,実践していかなければならないのだ。貧困国の子,先進国の子,それぞれに出来ることがあり,それに集中すべきだと思う。